東日本大震災困りごとなんでも相談会in江戸川区

先日の2012/11/25(日)、都内避難場所に指定されている都営住宅にて
東日本大震災の被災者で東北から避難されている方向けの
税務、法務、福祉・・・なんでも相談会が催されましたので、
僭越ながら税務のプロとして末席に加えさせていただきました。
ほんとうに貴重な、生の声を聞かせていただきました。

東日本大震災困りごとなんでも相談(無料)

面談による相談(平成24年11月25日 日曜日)

  「登記・不動産鑑定・税金・法律・福祉」に関する無料相談会

  時   間 : 午後1時~午後5時

  場   所 : 江戸川区小松川三丁目団地自治会集会所
            (小松川三丁目第2アパート3号棟集会所)

  内   容 : 不動産登記や商業登記その他登記に関すること、
           土地や建物などの鑑定評価に関すること、
           所得税や相続税など税金に関すること、
           相続問題や賠償問題など法律に関すること、
           高齢者問題や障害者問題や生活困窮者問題など
           福祉に関すること、
           等につき無料で相談に応じます。

震災相談会20121125
※クリックすると大きくなります。

2012年2月上旬にも東北は仙台市内にて全日本税理士会連合会主催の
東日本大震災被災者向け相談会に参加してきましたが、
今回は都内に避難されている方対象の相談会です。

肝心の税務相談に関してはそれほど複雑な案件はありませんでしたが、
(登記されていない建物に関する相談は山のようにありました。)
とにかく避難者の経験談があまりにも生々しすぎて怖いです。
たとえば、大船渡市から避難されている方は車で避難している途中、
かろうじて車から脱出し、腰まで津波に浸かりながらも
近所の人の差し出した釣竿に捕まって高所に避難し、
命からがら助かった(1分遅れていたら死んでいた。)・・・とか、
南相馬市から避難されている方は、都内に避難されたあと、
一度一時帰省をされた際、あまりの自宅の変わり様に呆然とし、
精神的なダメージを受けたとか。
行かなければよかったまでおっしゃっていました。

すでにマスコミでは大々的に東日本大震災に関しては取り上げておらず、
世間の関心も薄れつつあります。
これは実話ですが、「すでに復興しているんじゃないの?」
とおっしゃる方も私の周りにはいらっしゃいました。

とんでもありません!

避難されている方はもちろんのこと、復興工事すら始まっていない地域は
ゴマンとあります。
たしかに、また津波の被害になるような地域に復興工事をすることに
抵抗を覚える気持ちもわからないわけではありませんが、
世間の関心を薄れないように、マスコミにはぜひとも定期的な
東日本大震災の現状を報道してほしいものです。

今回参加させていただいた相談会を主催する東京司法書士会では
2〜3ヶ月に一回、このような震災復興相談会を催すそうです。
私もできる限りこのような相談会に参加していきたいと思います。

震災相談会全映20121125
※相談会場。都営住宅の集会室にて親身に対応。
 クリックすると大きくなります。

a:2023 t:3 y:0

コメント


認証コード5038

コメントは管理者の承認後に表示されます。